乾燥肌で悩みを抱えているなら保湿効果のある化粧水を使おう

角質層で潤いを守る

婦人

肌を守る角質層は非常に薄いながらも外部からの水や異物の侵入を防ぎ、肌の乾燥を守ってくれます。角質のバリア機能が低下するのを防ぐため化粧水を使った保湿を行います。化粧水には保湿に有効な成分であるセラミドが含まれているものがお勧めです。

詳細

健やかな肌のために

顔に触れている女性

スキンケアの基本

毎日なにげなく続けているスキンケアの目的を実はよく分かっていないという方もいるのではないでしょうか。洗顔をして化粧水や乳液をとりあえずつけるだけでなく、その目的について理解するとさらにスキンケア効果を実感できるようになるでしょう。スキンケアの最大の目的は肌の保湿にあります。洗顔をしてメイクや皮脂、汗などの汚れを落とした後に化粧水をつけるのは保湿のためです。化粧水で保湿した肌をラッピングするために乳液をなじませます。肌は洗ったまま放っておくと水分量が不足して表面が乾き、表皮がめくれたようになります。表皮がめくれた状態はさらなる乾燥をまねいたり、外部からの刺激を受けやすい状態となり肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。

夏も乾燥に気をつけて

常に適度に保湿された状態であることが健やかな肌を保つためには必要です。冬は空気が乾燥しやすいためリップクリームやハンドクリームがお店にも多く並ぶ季節ですが、他の季節でも乾燥にさらされていることは忘れてはいけません。夏は湿度が高くなりますがエアコンの効いた屋内で過ごす時間が増える季節でもあります。その上、乾燥の大敵である紫外線量も多くなります。紫外線やエアコンは一年中、日常生活の中で存在しているため、スキンケアをしなくても良い季節というものは無いと考えておきましょう。気温の変化で皮脂や汗の分泌量が変化する方は、季節に合わせて化粧水をしっとりタイプやさっぱりタイプを使い分けるとさらに心地よく使うことができます。

潤いのある美肌

基礎化粧品

お肌の保湿のためには脂質が必要ですが、洗顔などで脂質が流されしまうので、脂質が元に戻るまでの間は化粧水で肌を乾燥から守ります。保湿成分を角質層に届けるためには水溶性の化粧水を使う必要があるので、ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸などが配合されたものを選びましょう。

詳細