土いじりはとても楽しく、さわやかな汗を流せます。もしそういった汗を流したいのでしたならば市民農園はオススメです。

毎日の食卓に出てくる野菜――これは畑で作られるものです。
土地を開墾して畑にし、そこで野菜などを作って取って食べる。このことは、農耕文化が地球に根付いたはるか昔から、世界各地で行なわれてきたものです。
一見、何も作れそうにないという土地でも、適材適所というものがあって、何かしらの野菜などの作物が、さまざまな畑で育てられてきました。
どのようなテクノロジーが発達し、鋭角的なコンピュータみたいなものが進化していっても、農家のひとが畑を作って野菜を育てる、そして市場に乗せて僕たちの食卓に並ぶということは、変わらない事実です。

ただ、農業というのはそういう実用的な、あるいは商業的なものだけにはとどまりません。
「地面とふれあい、何かを作り、それを糧とする」ということは、ひとつのレクリエーションでもあるわけです。

そこで、「市民農園」というものが現代では見られるようになっています。
市民の農園ということで市民農園であるわけですが、これは主に、農業に直接、手に鋤鍬を持って関わる機会の少ない都市生活者向けのものです。
市民農園の活動は、初めは西欧――たとえばドイツなどで始まったものですが、日本に見られる市民農園も存在しています。

土に触れる、何かを育てる、ということに加え、現在ではそこではさまざまな取り組みが行なわれています。

家で美味しい野菜を育てたいなら水耕栽培はいかがですか?家にいながら簡単に育てることができるんですよ。

Category
  • カテゴリーなし
Calendar
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031