乾燥肌で悩みを抱えているなら保湿効果のある化粧水を使おう

角質層で潤いを守る

婦人

潤いを守る仕組み

みずみずしい肌を乾燥から守っているのはわずか0.02mmの角質層です。この薄い角質層も角質細胞が10〜20層積み重り、さらにこの細胞の間を細胞間脂質が埋まることで出来上がっています。この細胞間脂質はセラミドといい、角質層の水分の80%ほどを保持しています。外部からの水や異物の侵入を防ぐバリア機能が働くことで肌の内側が守られますが、保湿のために化粧水をつけたとしても角質層の深部まではなかなか届きません。角質層の表面には汗と皮脂からできた皮脂膜があり、水分の蒸発を防ぎ表面を滑らかにしてくれます。肌が乾燥すると角質のバリア機能が低下して、アレルギー反応などが起こりやすくなるので化粧水を使った保湿により肌の乾燥を防ぐ必要があります。

水分を保持する成分が重要

スキンケアの手順は洗顔、化粧水を使った保湿、クリームで水分を閉じ込めるといったものになります。洗顔は洗いすぎやこすり過ぎに注意します。自分の肌に合ったクレンジング剤を乳化させて水またはぬるま湯で優しく洗い流します。保湿に使う化粧水には保湿に有効な成分が含まれるものを使用します。細胞間脂質の主要成分であるセラミドや天然保湿成分の主要成分であるアミノ酸が含まれているもの選びましょう。人間の肌に存在しているセラミドとほぼ同等の構造を持つ、ヒト型セラミドは他の化粧水に比べて保湿力が大いに期待できます。ナノセラミドは通常のセラミドをさらに細かくしたもので角質層の深部まで浸透するといわれています。これらの化粧水を手のひらで適量を顔全体に伸ばすようにして温め、肌に浸透させます。肌が掌に吸い付くような状態になるのが理想です。